設備使用の手続きについて

  中小企業等の製品開発などを支援するため、設備機器を開放しています。
設備使用を希望される場合は、担当研究職員とご相談の上、試験機器等の設備及び施設利用申込書を提出してください。 なお、地方独立行政法人化に伴い、申込書類及び料金納付方法を変更いたしましたので、ご注意ください。
 ご利用料金は、振込依頼書(振込手数料が別途かかります。)を申込者に送付いたしますので、金融機関等で振込していただきます。 (北海道収入証紙は使用できませんので、ご注意ください。)

注意事項
  • 道内に住所を有しない方(法人又は団体にあっては、道内に事務所又は事業所を有しない場合)については、法人の諸料金規程に基づき、料金表の2倍の料金になります。
  • 納入された料金は返還いたしません。
  • 使用者の都合で設備を使用しなかった場合でも、料金を請求させていただきます。
  • 設備の使用時間は、無人稼働が可能な設備を除き、原則、職員が通常勤務する日(土、日、祭日及び年末年始の休日を除く)の就業時間内とします(8:45〜17:30)。
  • 使用目的によっては、消耗品等を持参していただく場合がありますので、事前にご確認ください。
  • 設備の使用に際しては、担当者の指示に従うとともに、異常に気づいたときは速やかに連絡してください。また、使用時の事故による補償は行いませんので、安全管理に努めてください。
  • 使用者が、故意又は過失により設備に損害を与えたときは、本人又は事業主に賠償責任が生じます。
  • 初めて利用する方は、法人の登記事項証明書(写)か、法人の印鑑証明書(写)あるいは、来場者の名刺と身分証明書(例えば、免許証の写)の提出が必要です(2回目からは不要です)。
申し込み書等ダウンロード
  試験機器等の設備及び施設利用申込書(記載例(PDF)
    一太郎   Word   PDF
  ※参考:試験機器等の設備及び施設の提供に関する規程(規程(PDF)

設備使用手続きフロー
(1) 設備使用相談(企業⇔工業技術支援グループ、研究職員)
 ↓
(2) 使用機器、日程等調整(企業⇔工業技術支援グループ、研究職員)
 ↓←試験機器等の設備及び施設利用申込書提出(企業→工業技術支援グループ)
(3) 試験機器等の設備及び施設利用申込書提出(企業→工業技術支援グループ)
 ↓
(4) 機器使用(企業)
  使用方法説明(研究職員→企業)
 ↓
(5) 使用実績確認、使用後点検(研究職員→工業技術支援グループ)
 ↓
(6) 振込依頼書送付(法人本部→企業)
 ↓
(7) 使用料納入(企業→金融機関等)
  ※3.には企業の印鑑が必要です。なお、代表者本人による自署の場合は、押印を省略することができます。 

設備使用料
使用料の料金を確認する場合には、次の各項目をクリックしてください。設備については使用料とあわせて設備の仕様も記載しています。

設備の仕様及び設備使用料 加工および工作機器
試験および測定機器
検査機器
その他の機械器具

導入機器の紹介
試験機器一覧

平成28年度導入機器
平成27年度導入機器
平成26年度導入機器
平成25年度導入機器
平成24年度導入機器
平成23年度導入機器
平成22年度導入機器
平成21年度導入機器
平成20年度導入機器
平成19年度導入機器
平成18年度導入機器
平成17年度導入機器
平成16年度導入機器
平成15年度導入機器

お問い合わせ先
ものづくり支援センター工業技術支援G
TEL:011-747-2348
FAX:011-726-4057
E-Mail:iri-sodan@ml.hro.or.jp